FC2ブログ

タイトル

coming soon
ここにリンクをする項目

タイトル

pensile drawing
ここにリンクする項目

タイトル

FACE OFF
ここにリンクする項目

スポンサーサイト

Posted by tbjdesigner on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サヴォア邸

Posted by tbjdesigner on 17.2015 建築の旅ーフランス   0 comments   0 trackback
サヴォア邸



唯一あった休日は、サヴォア邸へ


スイス出身のシャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(1887-1965)、別名ル・コルビジェは1917年

パリに落ち着き、建築の伝統的形式主義と絶縁します

1928年から1931年に建築されたこの邸宅は、サヴォア家の週末用の別荘で「明るい時間」と

名づけられました。この空中に浮かぶボックスはル・コルビジェの建築形式の探求の成果であり、

新建築における5つの原則を実現したものである






ファサード

image (41)blogs



フランスパリ郊外にある為 地下鉄、電車、バスを乗り継いでいきました。

でもパリ市内からは一時間ほどで着きます。


尊敬するコルビジェの現地の建築を観れるということで。



電車の事故がありながらでしたが、地下鉄でつなぎ辿りつきました。


近距離ですが、たどり着いて嬉しかった。


本物を観た感動がありました。



image (40)blogs




スロープとらせん階段

image (39)blogs

スロープはグレーのリノリウム製 なだらかに2階へと導く





サンルーム

image (47)blogm

風よけの壁でデザインされ、その曲線は1階部分の曲線に呼応

カメラの絞りのように視点を収束する壁の穴を通して、スロープの延長線上にあるセーヌ川流域を

眺めるようにデザインされているそうです



屋上庭園

IMG_1653blogs.jpg





image (44)blogs



ゲストと息子たちの浴室

image (45)blogs





浴室

image (43)blog


長椅子、布製のカーテン、光の差し込む窓によってまるで

演劇の舞台のような演出がなされています




横長の連続窓

image (38)blogs






パリのヘリテージな建築も大好きですが、現代建築の原点とも言える物を見て学び


建築設計のイノベーションたるものを体感できたのは大きかったと思います。





最後にコルビジェ師とサヴォアさんにお礼を記しました。


image (46)blogs



パリでは多くの学びがありました。


スポンサーサイト

オルセー美術館

Posted by tbjdesigner on 13.2015 建築の旅ーフランス   0 comments   0 trackback
オルセー美術館




中休みを1日頂いたので、晩のパリジャンとの約束までの間 サッと観光に行ってきました。




オルセー美術館はもともと駅舎ということもあって建築でも学びが多かったです。





IMG_1338blog.jpg





外観も圧巻です。





IMG_1337blog.jpg




駅舎の凄さが、ミラノ中央駅を思い出させます。



IMG_1632blog.jpg





image (26)blog




image (32)blog


建具がまた勉強になりました。


そして、細かいディテールまでじっくりと眺めました。


あまり美術館に行って建具を写す人もいないと思いますが。。。









どうしても観たかった ジャン フランソワ・ミレー 「落穂拾い」


image (33)blog


四年前に描いた絵を思い出しながら、本物に出会えた感動。





オルセー美術館の建物はもともと1900年のパリ万国博覧会開催に合わせて、


オルレアン鉄道によって建設されたオルセー駅の鉄道駅舎兼ホテルだったそうです。



設計者はヴィクトール・ラルー



もともとオルセー駅はオルレアンやフランス南西部へ向かう長距離列車のターミナルで、



かまぼこ状の大屋根の下の地下に10線以上のホームを備えていたそうですが



狭くて不便だったことから、1939年に近距離列車専用駅となり、駅施設を大幅に縮小したそうです。

個人的には広く感じますが。




その後、この建物はさまざまな用途に用いられ、一時は取り壊しの話もあったそうですが、


1970年代からフランス政府によって保存活用策が検討されはじめ、


イタリアの女性建築家ガエ・アウレンティの改修により19世紀美術を


展示する美術館として生まれ変わることとなったそうです。


まさに私たちが日本でやってる、ヘリテージマネージャー





建築と美術と両方の学びが出来、大きな学びになったことがよかったです








 HOME 

プロフィール

tbjdesigner

Author:tbjdesigner
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。